子供の為の初めてピアノ 左手に挑戦! vol.6 【さんぽ】

こんにちは、miaruです。

「小さな手のみんなのためのレッスン」の今日は「左手」の練習です。

右手に比べるとやっぱり動きにくい「左手」を少しずつ動かす練習をしてみましょう。

今回はみんな大好きな「となりのトトロ」から【さんぽ】を使って「左手の練習」やってみましょう!

音が沢山あるので少し難しければパパやママに弾いて頂いてお子さん達は「お歌」で参加、ご家族でアンサンブルと言うのもきっと楽しくて素敵です。

目次

ヘ音記号の音って?

これまでの回では「ト音記号」の高い音と低い音の練習を右手でやってきました。

今日は「ヘ音記号」を使った左手にチャレンジしてみましょう。

「ト音記号」と「ヘ音記号」の違いを簡単に説明した記事がこちらにあるのでご覧下さいね。

「ヘ音記号」はイスに座った時の真ん中の「ド」より左側の低い方にある音です。

まずは真ん中の「ド」から一つずつ下に下りていく音階を弾いてみましょう。「ドシラソファミレド」の練習です。

ヘ音記号「ドシラソファミレド」

真ん中の「ド」から上手に下りる事が出来ましたか?

今回、指はどの指を使って頂いても構いません。

「ヘ音記号」の音符を見ながら左手で1音1音、弾く事が出来ればそれで十分です。

次に今の音階を反対に下から「ドレミファソラシド」と一つずつ上に上がっていく音階を弾いてみましょう。

ヘ音記号の「ドレミファソラシド」

上手に弾けましたか?

では次にさっきの一番低い「ド」の音から今度はまたまた一つずつ下に下がっていく音階を練習してみましょう。

ヘ音記号「ドシラソファミレド」

なんだかとっても低い感じがしますよね?

今回の【さんぽ】はこの低い方の音から「ドレミファソラシドその次のドレミファソラシド」の2オクターブの中の音を使います。

2オクターブの音階を一番低い「ド」からゆっくり練習してみましょう。

ヘ音記号2オクターブ音階

こんなに長い2オクターブの音階なので今回のレッスンでは右手と左手の2の指(人差し指)だけで弾いたり両手の色んな指を使ってみるのもアリです!好きな指を使って1音1音上がって行ってみて下さい。

【さんぽ】の左手

トトロのぬいぐるみ
猫バスのぬいぐるみ

こちらの楽譜が【さんぽ】の左手パートです。小さなみんなが弾きやすい様に簡単な音にしてみました。

さんぽ 簡単左手

上手に弾ける様になったらメロディーに合わせて弾いてみましょう。

さんぽ 簡単バージョン両手

最初はゆっくり→慣れてきたらリズミカルに弾いてみて下さいね。

「Swing」の記号は右手のメロディーを弾く時に「8分音符 ♫♫ タタタタ」のリズムを弾んで「タッカタッカ」と弾く奏法の記号です。

最後の3小節にまた表示されているのは今まで「タッカタッカ」と弾いていたものをまた元の「タタタタ」に戻す為に用いています。

後に出てくる「右手のメロディー」を聴いてみるとリズムの違いがお分かり頂けるかと思います。

伴奏をちょっと変えてみると・・・

今回は「左手の為の練習」なので左手は出来るだけ簡単に、その代わり右手のメロディーパートは少し音を多めのブロック奏にアレンジしてみました。

ピアノが弾けるパパやママだったら左手の伴奏をもう少しだけ弾んだ感じの伴奏にも出来ますよ。

『ドドドド』と弾いている部分を少しだけ音を変えて『ドソドソ』にするだけで歩いている感じがよりアップします。

最初はメロディーに合わせて「ドッソ ドッソ・・」と左手の音を歌いながらメロディーと合わせる練習をするとメロディーと左手の伴奏のタイミングがだんだん分かって来て左手で弾いた際に合わせやすいので是非お試し下さいね!

最初から全部弾くのではなく4小説ずつ位に分けて少しずつゆっくり練習して下さいね。

「さんぽ」伴奏付きメロディー
トトロの画像

まとめ

みんな大好きな可愛い【さんぽ】を自分で伴奏出来る楽しさを味わって頂けたら嬉しいです。

今回は「左手に挑戦!」の為の回なので右手の簡単なメロディー譜は記載していませんがご自分でメロディーも一緒に弾ける方はメロディーと伴奏を両手でもぜひチャレンジしてみて下さいね。

少々間違えたって「楽しく弾く」事が何より大事です!どうぞニコニコ笑顔で弾いて下さいね。

「右手」「左手」を少しずつ練習したら「両手」も弾ける様に少しずつ練習を重ねて行きたいと思っています。

また次の回でお会いしましょう♡

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

miaru ピアノLABO

miaruのアバター miaru ピアノ&エレクトーン講師

「音楽」は人の心を幸せにしてくれます。勇気をくれます。
悲しい気持ちを優しくそっと癒してくれます。

もっと身近に「音楽」を楽しんで欲しい。
「ピアノ」が弾けた時の喜びをもっと沢山の皆さんにも知って欲しい。
みんなをもっともっとキラキラ笑顔にしたい。

そんな想いを込めて『ピアノ初心者さん』や『ピアノ経験者さん』それぞれに向けて"なかなか人には聞けない音楽の疑問"や”楽しい音楽情報”をこれから発信して行きたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる