ピアノでも!歌でも!楽しめるディズニーシリーズ第3弾 プリンセス編 vol.7

こんにちは、miaruです。

大好評の「ピアノでも!歌でも!ディズニーシリーズ」の3回目は憧れの『プリンセス』の劇中歌からのピックアップです。

今回は3曲まとめてお届けします。

あなたはどのプリンセスが好きですか・・?

目次

白雪姫の願い事 【いつか王子様が】

『プリンセス編』最初の曲は白雪姫が未だ見ぬ王子様を想って歌う【いつか王子様が】です。

ゆっくりと丁寧に弾いて(歌って)下さいね。

【いつか王子様が】

いつか王子様が 楽譜

重音(重なった和音)の演奏が難しい場合は以下の様な「メロディーラインのみ」で一番上の音だけ弾いて下さいね。お歌の方も同様にメロディーラインは重音の一番上の音ですのでその部分を歌って下さい。

いつか王子様が メロディーラインのみの楽譜
小さな子達のプリンセス姿
白雪姫と王子様

白雪姫の願いの様に柔らかく弾いて(歌って)下さいね。

シンデレラの想い  【夢はひそかに】

次のプリンセスは「シンデレラ」の登場です。

舞踏会を夢見て屋根裏部屋で1人寂しく遠くに見えるお城を眺めながら・・でもシンデレラが希望を胸に秘めて歌う曲です。

【夢はひそかに】

夢はひそかに 楽譜

こちらの曲も先程の【いつか王子様が】同様、メロディーラインは右手の一番高い音になります。重音が難しい場合やお歌の方はもちろん一番上のメロディーラインの単音で大丈夫です。

今回、最初の2曲は両方3/4拍子の“ワルツ”の曲です。「1 2 3 1 2 3 」とゆっくりとしたリズムに乗って弾いたり歌ったりしてみて下さいね。

シンデレラの可愛い想いに合わせて今回の曲は左手の伴奏にト音記号の高めの音を使いました。

全体の音が高めだと「可愛い」雰囲気に、音が低いと「落ち着いた」雰囲気を演出する事が出来ます。

こちらの【夢はひそかに】は左手が2箇所ト音記号からヘ音記号に変わっている部分があります。これは楽譜が見にくくならない様にする為の記法です。ト音記号とヘ音記号の音符に気をつけて下さいね。

キラキラ輝くシンデレラ城
シンデレラのフィギア

スローワルツを身体で感じながら優しく丁寧に演奏して下さいね。

アラジン&ジャスミンの素敵なデュオ 【A Whole New World】

今回の『プリンセス編』最後の曲はアラジンとジャスミンが空飛ぶ絨毯に乗って高らかに歌い上げる名曲。

【A Whole New World】です。

この曲の良さを十分発揮する為にはどうしても伴奏を16分音符で流れるアルペジオの形にしたいので左手のパートがちょっぴり難しくなってしまいました。両手で弾くのが大変でしたら右手だけ弾く練習をして音声の伴奏と合わせて一緒に弾いて頂いても充分お楽しみ頂けると思います。

魔法のランプ

【 A Whole New World 】

A Whole New World 両手用楽譜
楽譜続き

楽譜を見るだけで「うわあ・・これは弾きたくない」・・そんな声が聞こえてきそうです(笑)

そうですよね・・。

音符が多くて楽譜が何だか黒い!!!

「これは無理・・・」

そんなあなたには「聴いて楽しむ」だけでも!「音楽」と言うのは読んで字の如く「音を楽しむ」事です。どうかどんな時も「楽しむ」事を忘れないで下さいね。

今回のこの曲はテクニック的にも難易度がかなり高いので無理して弾かなくてもゆっくり「音」だけ楽しんで頂いてもそれはそれで十分です。

いつか気力が満ち溢れている時に(笑)少しずつチャレンジしてみて下さいね!

お歌の方は滑らかな伴奏をバックに気持ち良く歌って下さい。

宮殿のシルエット

まとめ

今回の『プリンセスシリーズ』いかがでしたか?

『プリンセス』はいくつになっても女子の永遠の憧れですよね♡♡

そんなプリンセスにちょっぴり近づける為にも今回の曲にも楽しくチャレンジして下さいね。

「ディズニーシリーズ」こちらかもお楽しみ下さい。

次のディズニーシリーズもどうぞお楽しみに!

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

miaru ピアノLABO

miaruのアバター miaru ピアノ&エレクトーン講師

「音楽」は人の心を幸せにしてくれます。勇気をくれます。
悲しい気持ちを優しくそっと癒してくれます。

もっと身近に「音楽」を楽しんで欲しい。
「ピアノ」が弾けた時の喜びをもっと沢山の皆さんにも知って欲しい。
みんなをもっともっとキラキラ笑顔にしたい。

そんな想いを込めて『ピアノ初心者さん』や『ピアノ経験者さん』それぞれに向けて"なかなか人には聞けない音楽の疑問"や”楽しい音楽情報”をこれから発信して行きたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる