楽譜に書かれた「音楽の記号」の意味知っていますか?!

こんにちは、miaruです。

「ピアノ初心者さん」から「経験者さん」まで沢山の方々が今、「miaru ピアノLABO」でピアノを楽しんで下さっていて、とても嬉しく思っています。

この回ではピアノを弾く際に沢山出て来る色んな「音楽の記号」をまとめています。

ピアノを弾いていて「この記号って何だっけ!?」となった時にこの記事をご覧頂けば解決できる様に先ずは基礎的な記号をご紹介します。

「Study」の文字と色鉛筆
目次

音符と休符

ピアノを弾くために先ず大事なのは「音名」と「リズム」。

音符のお話

そのリズムを刻むために必要なのが「音符の長さ」です。基本的なものをピックアップします。

   4分音符(1拍)
                 
2分音符(2拍)
付点2分音符(3拍)
全音符(小節間全部)
8分音符(1/2拍)
16分音符(1/4拍)

休符のお話

次に「休符の長さ」です。こちらも基本的な休符をピックアップします。

4分休符(1拍休み)
2分休符(2拍休み)
全休符(小節間全て休み)
8分休符(1/2拍休み)
16分休符(1/4拍休み)

音名のお話

鍵盤と5線のドレミファソ

これらの「音符」&「休符」&「音名」を理解しておけば先ずは大丈夫です。

連弾する姉妹

基礎の音楽記号

では次は「基本的な音楽記号」です。

「ト音記号」と「ヘ音記号」はピアノの鍵盤を真ん中の「ド」から高い方の音と低い方の音を分けて表示する記号です。

ト音記号(真ん中のドより右側の高い位置にある音を表示)
ヘ音記号(真ん中のドより左側の低い位置にある音を表示)

「シャープ」「フラット」「ナチュラル」は一つの音を半音変化させる記号です。

シャープ(半音上げる)
フラット(半音下げる)
ナチュラル(元の高さに戻す)

「スタッカート」「スラー」「アクセント」は弾き方で音を変化をさせるための記号です。

スタッカート(短く切って弾く)
スラー(滑らかに弾く)
アクセント(その音を強調する)

これらの記号は音の強弱を表す記号です。

ピアニッシモ(ごく弱く)
ピアノ(弱く)
メゾピアノ(やや弱く)
フォルテッシモ(ごく強く)
フォルテ(強く)
メゾフォルテ(やや強く)
クレッシェンド(だんだん強く)
デクレッシェンド(だんだん弱く)

その他の記号です。

リピート(繰り返し)
1カッコ&2カッコ
終止線(ここで終わり)

その他の用語

D.C.・・・「ダ・カーポ」(初めに戻る)

Fine・・・「フィーネ」(ここで終わり)

D.S.・・・「ダル・セーニョ」(セーニョに行く)

8va-----・・・「オッターバ」(1オクターブ高く弾く)

8va bassa_ _ _ _ ・・・「オッターババッサ」(1オクターブ低く弾く)

鍵盤の上で踊るミニチュアカップル

速度記号

「速度記号」にも沢山の種類がありますがここでは一番基礎的な速度記号をお伝えします。

Adagio・・・「アダージョ」(ゆるやかに)

Andante・・・「アンダンテ」(ほどよくゆっくり)

Moderato・・・「モデラート」(中くらいの速さで)

Allegro・・・「アレグロ」(速く)

rit.(ritardando)・・・「リタルダンド」(だんだん遅く)

accel(accelerando)・・・「アッチェレランド」(だんだん速く)

a tempo・・・「アテンポ」(もとの速さで)

♩=60・・・「メトロノーム速度」(1分間に4分音符60拍の速さで)

まとめ

今回は楽譜を見ていてよく出て来る「音楽記号」についてまとめてみました。

記号の意味を知ってそれをご自分のものにして演奏すれば、音楽が今よりもっと生き生きと輝き出しますよ!

いろんな「音楽記号」とお友達になってあなたの演奏をより素敵なものにして下さいね。

それではまた次の回でお会いしましょう。

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

miaru ピアノLABO

miaruのアバター miaru ピアノ&エレクトーン講師

「音楽」は人の心を幸せにしてくれます。勇気をくれます。
悲しい気持ちを優しくそっと癒してくれます。

もっと身近に「音楽」を楽しんで欲しい。
「ピアノ」が弾けた時の喜びをもっと沢山の皆さんにも知って欲しい。
みんなをもっともっとキラキラ笑顔にしたい。

そんな想いを込めて『ピアノ初心者さん』や『ピアノ経験者さん』それぞれに向けて"なかなか人には聞けない音楽の疑問"や”楽しい音楽情報”をこれから発信して行きたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる