モテる男子の為のピアノレッスンvol.2  【Moon River】

こんにちは!miaruです。

前回の【Love me tender】に続いて今日はまたまたスローなJAZZスタンダードナンバーのレッスンです。

今回は3/4拍子の【Moon River】です。 3/4拍子って何だ!?と思ったら下記の記事の【拍子】の箇所をご覧下さいね。

それでは早速始めましょう。

目次

【Moon River】のメロディーを弾いてみましょう

この曲は柔らかくゆったりとした雰囲気が素敵な1曲です。

なので決して焦らずしっかりと3拍子「1 2 3 1 2 3 」のリズムをご自身で感じながら弾いてみましょう。

「Moon river」右手メロディー部分の楽譜

ここで上記の楽譜の中で「何これ?」と思われるであろう「1カッコ」と「2カッコ」、「タイ」についてお話します。

1カッコ
1カッコ
2カッコ
2カッコ

上記の楽譜を使って説明します。

「1カッコ」と「2カッコ」は反復記号の一種でこの曲の場合は曲の最初から弾いて「1カッコ」を通ってリピート(繰り返し)記号のある16小節目迄弾いたらそのまま又一番最初の1小説目に戻ります。またそのまま8小節目迄弾いたら今度はさっきの「1カッコ」を飛ばして「2カッコ」の17小節目にジャンプしてそのまま最後まで弾きます。

「タイ」と言うのは隣り合った同じ音と同じ音を結んだ線の事でタイの付いた2つ目の音を打ち返さず前の音符を弾いたまま2つの音符の長さ分をずっと伸ばす為の記号です。。

「タイ」を表す楽譜

例えば「ド」の♩(4分音符・・1拍)の隣にまた「ド」の♩(4分音符・・1拍)があったら普通は「ド ド」と弾きますよね?この2つの音符の間に「タイ」の記号があったらその2つの「ド」をつなげた長さ、つまり2拍「ド〜〜」と伸ばします。

【Moon River】伴奏入り楽譜&音声

お待たせしました!

では先程練習した【Moon River】伴奏と一緒に弾いてみましょう。

「Moon river」伴奏付きの楽譜

実はさっきの「メロディだけ」の楽譜と伴奏付きの楽譜では「1カッコ」「2カッコ」の位置がちょっとだけ違うの分かりますか?

「1カッコ」はメロディだけの楽譜の所では9小節目に、伴奏付きの楽譜は10小節目にあります。「2カッコ」は同じ17小節目ですが音の位置が違います。不思議ですがこの曲の場合はどちらの位置にカッコを付けても同じ様に正確に曲が進んでいきます。メロディーの流れをよく見てみるとそんな面白い事に気付けるのも楽譜の面白さの一つですね。

「うーーーーん・・こんなのちょっと難しすぎて分かんないよ」って時も大丈夫。

初めての方でもピアノを簡単に学べる様に楽譜や音符の事を詳しく1から説明している以下の記事から始めてみて下さいね。

「いやいや、そんな簡単な楽譜の事は分かってるけどもう少し楽に弾ける曲がいいんだけど・・」と言う場合はこちらの記事にある曲はいかがでしょう?

今回の【Moon River】より少し簡単な曲をご紹介しています。

もっとカッコよく弾きたい!!そんな時は・・・・。

JAZZっぽさってちょっと気だるく、さり気無く、余裕を持って弾けるともっともっとカッコよく聴こえますよね!

ピアノの前のカクテル3種

・・ではそうしましょう!

今日の最後のレッスンです。

左手の伴奏はほとんど同じで右手の部分だけ「何、これ!?カッコいいんだけど♡」の方法をお伝えします。

ちょっと手を加えただけで『あら不思議!!』 さっきの演奏とちょっと比べてみて下さい。

「Moon river」に少し手を加えた楽譜

まとめ

だんだん難しくなってきた「ピアノ男子」の為のレッスンですがいかがでしたか?

最後のバージョンは「メロディーに少し飾りをつけた(装飾音符)」によってグッとカッコ良さが増しました。

大切な誰かの為に弾いてみて下さい。

ブルーに輝く「Moon river」月の下の恋人達

どんな曲でも基本は「右手のメロディー」です。

メロディーさえしっかり歌い込めばきっとカッコよく上手く聴こえてきます。

まずは「右手」、そして余力があれば「左手」にも少しずつ挑戦してみて下さいね!

【Moon River 】この美しいスタンダードナンバーがあなたにとってお得意のレパートリーになリます様に・・・。

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

miaru ピアノLABO

miaruのアバター miaru ピアノ&エレクトーン講師

「音楽」は人の心を幸せにしてくれます。勇気をくれます。
悲しい気持ちを優しくそっと癒してくれます。

もっと身近に「音楽」を楽しんで欲しい。
「ピアノ」が弾けた時の喜びをもっと沢山の皆さんにも知って欲しい。
みんなをもっともっとキラキラ笑顔にしたい。

そんな想いを込めて『ピアノ初心者さん』や『ピアノ経験者さん』それぞれに向けて"なかなか人には聞けない音楽の疑問"や”楽しい音楽情報”をこれから発信して行きたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる