ハードボイルド男子の為のピアノレッスンvol.4 【ミッション・インポッシブル】

こんにちは、miaruです。

これ迄、少しスローな「大人ジャズバラード」系の曲をご紹介して来ましたが今回はちょっとハードなナンバー【ミッション・インポッシブル】にチャレンジ!

「ピアノ男子」はきっとハードボイルド系のスピード感のある曲も似合います。

では早速!

目次

【ミッション・インポッシブル】右手メロディーパート

【ミッション.インポッシブル】右手メロディーのみの楽譜

この曲では初めて「5/4拍子」が出て来ました。

「5/4拍子」と言うのは1小節の中に4分音符が5つ、つまり5拍分の音符が入る拍子の事です。音符の長さを数えて頂けば分かりますが例えば1小節目は「1+半分(休符)+半分+1(休符)+1+1=5」最後の小節も「1(休符)+1(休符)+半分+半分+2=5」と言う感じ。

この楽譜は『ト短調』でト音記号やヘ音記号の横にフラット♭が「」と「」に付いているので曲の中の「シ」と「ミ」はフラット♭の黒鍵の音を弾いて下さい。

シャープやフラット等の記号については以下の記事で詳しく説明しているのでご参照下さい。

あと『臨時記号』と言ってその音だけに「シャープ♯」が付いたり『ナチュラル・・♯や♭になっている音を元の音に戻す』(上記の楽譜で言えば3段目3小節の「ミ」は白い鍵盤の「ミ」)等の記号があります。

楽譜内の『8・・・・・・』はこの音符の高さより実際は「1オクターブ上」を弾く記号です。実際の音で書くと、とても高い音になるので楽譜が読み辛くなる為、楽譜では時々この様な表記をします。

今回も新しい「記号」が何種類か出て来ました。最初は少し難しく感じると思いますが慣れれば何て事ないので少しずつ慣れて行って下さいね。

闇の中のパトカー

両手で弾くと超!カッコいい!!

次は左手の伴奏です。

この曲は伴奏に特徴がありずっと全く同じリズムで進みます。

音も和音が全く無くずっとオクターブ奏(低い方と高い方の同じ音を同時に弾く)なので伴奏は今迄のものより多分一番簡単かも!

リズムにさえ乗れれば割とあっという間に弾ける・・でも聴いた感じはすごく難しそうに聞こえると言う「お得感満載」の曲なので頑張って弾いて周りのお友達やご家族をビックリさせて下さいね!!

【ミッション.インポッシブル】左手の伴奏付きの楽譜

この曲はとにかく『カッコよく』弾ければそれがベスト!

難しく考えるより「音声」を何度も聴いて「リズムのノリ」を身体が覚えれば結構上手く出来ると思います。

「ピアノ男子」は手も大きく指も長いのでしっかりと鍵盤を掴んで強い音を意識しながら弾いて下さい。

まとめ

今回はこれまでと違った雰囲気の曲でした。

テンポは早いけれど「ノリ」で弾ける曲なので上手く「右手」と「左手」のバランスを考えながらガンガン弾くとそれっぽくなってとってもカッコいいですよ!

楽譜の見た目に囚われず(ぱっと見は難しそうに見えますが)実際に弾いてみると分かりますが結構弾きやすい曲です。先ずは片手ずつ練習してしっかりリズムをものにしてから「両手」に挑戦して下さい。

「ピアノワイルド系男子」になって頑張って下さいね!

また次のレッスンでお会いしましょう。

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

miaru ピアノLABO

miaruのアバター miaru ピアノ&エレクトーン講師

「音楽」は人の心を幸せにしてくれます。勇気をくれます。
悲しい気持ちを優しくそっと癒してくれます。

もっと身近に「音楽」を楽しんで欲しい。
「ピアノ」が弾けた時の喜びをもっと沢山の皆さんにも知って欲しい。
みんなをもっともっとキラキラ笑顔にしたい。

そんな想いを込めて『ピアノ初心者さん』や『ピアノ経験者さん』それぞれに向けて"なかなか人には聞けない音楽の疑問"や”楽しい音楽情報”をこれから発信して行きたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる