大人初心者さんのピアノ 魔法の呪文を唱える2曲!vol.7

こんにちは、miaruです。

前回は【ラバース・コンチェルト】と【さらばジャマイカ】しっとり落ち着きのある2曲でした。

今回のレッスンはキュートな2曲をお届けします。

どちらもちょっぴり変わった題名!それもその筈。この2曲はどちらも魔法の呪文です!

【スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス】&【ビビディ・バビディ・ブー】

楽しく弾いて下さいね。

目次

【スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス】

この呪文は1964年の映画『メリーポピンズ』の劇中で歌われる楽曲です。

この34文字の英字で表されるフレーズが長くて面白いので早口言葉で遊んでみたりするのも楽しい言葉ですね!

英語の長大語のひとつとして知られており、2007年4月に開催された携帯メールの早打ちを競う「LG National Texting Championship」において決勝戦のお題として用いられたそうです。

スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス楽譜

呪文にぴったりなかわいいメロディーの曲ですね。

『1カッコ&2カッコ』の弾き方の順番が分からない時はこちらの記事で復習して下さいね。

では少しずつ練習してみましょう

2人の男の子が魔法の本を見る

右手で弾いてみましょう

スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス右手楽譜

こちらのメロディーは同じ音が繰り返されることが多くとても弾きやすいと思います。

最初の音は③の指ではなく①の指から始めて→次の「ソ」は②の指を使って下さい。なぜならそのすぐ後に少し高い「ラ」の音があるのでそのままの滑らかな指使いで「ラ」を簡単に弾く為です。続いて弾いて行くと5小節目の「ソ」の音が②の指になっているとその後も弾きやすいですよ。

大人のピアノは『指番号』はあまり神経質にならなくてもご自分の好きな指で弾いて構わないと私は思っていますがここだけは指使いに気をつけて頂けると弾きやすいのでやってみて下さいね。

8小節目と12小節目に出てくる♯(シャープ)の弾き方は以前の回のこちらの記事で復習して下さいね。

蝶の羽が生えた女の子

左手の伴奏を見てみましょう

左手の楽譜

こちらの左手の伴奏は音が結構あちこち飛ぶので今はまだ少し難しいかも知れませんね。

スタッカートで音を短く切って弾くことも必要です。

出来る方は手首を柔らかくして⑤の指で低い音を、2つの和音を③①や②①の指を使って弾いて下さい。

只、あまり急に難しくなると挫折してしまうので今回の「左手」は音声に任せてしまってあなたは「右手のメロディー」だけ弾いて頂けたらいいかなと私は思います。大人のピアノレッスンでは無理なく少しずつ少しずつ進んでいきたいと思っています。もう少し上手になったらこんな伴奏だけを練習するレッスンも今後やっていきますね。

【ビビディ・バビディ・ブー】

次の呪文は【ビビディ・バビディ・ブー】。

この曲は皆さんお馴染みの『ディズニー映画 シンデレラ』の中に出てくるフェアリー・ゴッドマザーがシンデレラに魔法をかける場面で歌われます。

とっても可愛らしい雰囲気の曲です。

ビビディバビディブー楽譜

今回は弾きやすさを考えて簡単なアレンジにしてみました。

「3」と表示しているのは『3連符』の事で1拍の中に3つの音を入れる奏法です。

「タン タン タン」に→「タタタ タタタ タタタ」とリズムが入ります。

こちらの記事の中に「3連符」の詳しいレッスンがあるので宜しければご覧になってみて下さいね。

右手を練習してみましょう

ビビディバビディブー楽譜

先程の「3連符」をリズミカルに弾いて頂ければこの曲は大成功です。

一番最後の「ファ」の音に小さく付いている「ミ」の音は装飾音符と言って軽く次の音を飾る様に弾く記号です。

音声の様に「ファ」の音を小さく弾く「ミ」の音で飾ってあげて下さい。

今回、♯(シャープ)・♭(フラット)に加えてもう一つの記号が初めて登場します。

ナチュラル

この記号は「ナチュラル」と言って♯や♭で半音上がったり下がったりして黒鍵を弾いていた音を元の白い鍵盤に戻す記号です。

この曲は「ヘ長調」の曲でト音記号とヘ音記号の横の「シの音に♭」が付いているのでこの曲の中の「シ」の音は全て「白鍵のシ」ではなく「黒鍵のシ」を弾く表示なのですが「シ」を普通の「白鍵のシ」で弾く際にはこのナチュラルが楽譜に付いています。

こちらの鍵盤で見てみましょう。

この曲だけで言えば「シ」の音は「5」の黒鍵を弾き、先程の「ナチュラル」が「シ」の音についている時だけピンクの白鍵の㋛を弾きます。

少し面倒ですね。何度も音声を聞いて練習してみて下さいね。

上手に指が回る様になるととても楽しいですよ。

左手を弾いてみましょう

左手楽譜

こちらの左手は弾きやすいですね。

練習すれば少しずつ指が動いてくれる様になると思いますがやっぱり左手も♭(フラット)の音を忘れない様に気をつけて下さい。「シ」の音には全て♭(フラット)が付くのでこの左手も全部「シ」は黒鍵の。白鍵のを弾くのは11小節にある2つの和音の「シファ」だけです。この小節にある2つの「シファ」はどちらも白鍵のを弾いて下さいね。

まとめ

今回の魔法の呪文の2曲は如何でしたか・・?

ちょっぴり不思議なでも独特なリズムや音形を持った楽しい2曲でした。

新しい記号も少しずつ覚えて下さいね。

ピアノを弾く為の沢山のテクニックも一つづつ覚えていけばそんなに難しい事はありません。

これからも出来る限り簡単に少しずつ色んな曲にチェレンジして行って頂ければ嬉しいです。

また次の回でお会いしましょう♡

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

miaru ピアノLABO

miaruのアバター miaru ピアノ&エレクトーン講師

「音楽」は人の心を幸せにしてくれます。勇気をくれます。
悲しい気持ちを優しくそっと癒してくれます。

もっと身近に「音楽」を楽しんで欲しい。
「ピアノ」が弾けた時の喜びをもっと沢山の皆さんにも知って欲しい。
みんなをもっともっとキラキラ笑顔にしたい。

そんな想いを込めて『ピアノ初心者さん』や『ピアノ経験者さん』それぞれに向けて"なかなか人には聞けない音楽の疑問"や”楽しい音楽情報”をこれから発信して行きたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる