お洒落なピアノレッスン vol.2 【戦場のメリークリスマス】

こんにちは、miaruです。

前回の「ジュ・トウ・ヴ」いかがだったでしょうか?

ちょっとずつ指が慣れて来ましたか?

今回は8分音符を使った坂本龍一さんのあの名曲【戦場のメリークリスマス】です。

8分音符といっても曲調がゆっくりなのでご心配なく。

しっとりと演奏して下さいね。

目次

【戦場のメリークリスマス】まずはメロディーパートのみ

【戦場のメリークリスマス】右手のメロディーのみの楽譜

知っている曲は弾きやすいですよね?

この楽譜の中で『何だったけ、これ!?」と言うのが「1カッコ」と「タイ」の記号です。

この記号についてはこちらのレッスンで解説していますので忘れちゃった方はご確認してみて下さいね。

2カッコからの8分音符の「タイ」がちょっぴり難しいですね。

これは音声を何度も聴いてタイの感覚を雰囲気で覚えて下さい。そうすれば経験者さんのあなたならきっと弾きやすくなると思います。

こちらの楽譜では特別表示していませんが最後の方は少し「rit (リタルダンド)・・だんだんゆっくり」すると雰囲気が出ると思います。

この様な細かな繊細な弾き方の設定がこの「音声ツール」では表現出来ない為、今後も言葉でお伝えしますね。

両手で弾くとこんな感じ!

【戦場のメリークリスマス】左手伴奏付きの楽譜
雪の中の塀に置かれたサンタ帽
降り頻る雪と凍った木の枝

儚いクリスマスの夢を絶妙な旋律で歌い上げた本当に素晴らしい名曲だと思います。

左手中間部分の縦波の様な記号は『アルペジオ(アルペッジョ)』と呼ばれるもので、低い音から順番に1音ずつ音をプラスしながら弾く演奏法です。

例えば10小節めのアルペジオは「ソ シ♭ レ ファ」を下から一つずつ「」→「ソシ♭」→「ソシ♭」→「ソシレ♭ファ」と音が段々重なり合っていく事になるので、下の音は全部しっかりと音を伸ばしておきましょう。

あまり感情移入し過ぎないで(テンポを揺らし過ぎないで)・・でも柔らかくしっとり優しく弾いて下さいね。

まとめ

今回の【戦場のメリークリスマス】は演奏法として「1カッコ」と「タイ」(ピアノ男子 vol.2の回にて説明)、左手の和音に付いた「アルペジオ」奏法の解説をしました。

新しい曲にチャレンジする際にこれまで出てこなかった「音楽記号」はこんな風に一つずつ説明して行きますので覚えて下さいね。

でも忘れちゃっても大丈夫! 

またここに戻って来て下さい。何度も覚えて、忘れて、また覚える事で自然と身に付きます♡

では次も素敵な曲のレッスンでお会いしましょう。

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

miaru ピアノLABO

miaruのアバター miaru ピアノ&エレクトーン講師

「音楽」は人の心を幸せにしてくれます。勇気をくれます。
悲しい気持ちを優しくそっと癒してくれます。

もっと身近に「音楽」を楽しんで欲しい。
「ピアノ」が弾けた時の喜びをもっと沢山の皆さんにも知って欲しい。
みんなをもっともっとキラキラ笑顔にしたい。

そんな想いを込めて『ピアノ初心者さん』や『ピアノ経験者さん』それぞれに向けて"なかなか人には聞けない音楽の疑問"や”楽しい音楽情報”をこれから発信して行きたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる