【ベートーヴェン】クラシックピアノの美しいピアノソナタを堪能

こんにちは、miaruです。

今回は「ジャジャジャジャーン」の【運命】でもお馴染みのベートーヴェンのピアノソナタをご紹介します。

生涯に9つの交響曲5つのピアノ協奏曲10のヴァイオリンソナタ11のピアノ三重奏曲の他32曲ものピアノソナタ14のピアノ変奏曲を中心としたピアノ作品は彼の全生涯にわたって書き続けられた「人生の記録」とも言われています。

今日は「ピアノソナタ」の中でも最も皆さんに親しまれている【月光】にスポットを当ててみました。

普段はなかなか聴く事の少ない「ピアノソナタ」を全楽章それぞれの雰囲気を堪能して頂きながら偉大な作曲家「ベートーヴェン」の芸術を少しでも体感して頂けると嬉しいです。

全曲だと果てしなく長いので「1楽章」「2楽章」「3楽章」それぞれの曲の主題部分を抜粋してお届けします。

目次

ベートーヴェンについて

彼の名前はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン


別名
楽聖
生誕1770年12月16日
 神聖ローマ帝国ボン
死没1827年3月26日(56歳没)
 オーストリア帝国ウィーン
ジャンル古典派音楽
職業作曲家
ピアニスト
担当楽器ピアノ
活動期間1792年 – 1827年
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

ベートーヴェンと言えば音楽家にとって何より大切な聴力を失いながらも病と共に生き、幼少期からずっと苦労の絶えなかった壮絶な人生だった事でも知られています。

Sonata, op27-2 【月光】第1楽章

ソナタ月光 第1楽章楽譜
続き
続き

全32曲のピアノソナタの中の14番目に当たるのがこの曲です。「月光」と言う名は詩人のルードウィッヒ・レルシュターブが第1楽章を「スイスのルツエルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」と形容した事から名付けられたと言われています。

この曲をベートーヴェンは当時ピアノの教師をしていた伯爵令嬢ジュリエッタ・グイチアルディに捧げています。身分違いの恋は成就する事はありませんでした。その悲しみが随所に感じられます。

ベートーヴェンの楽譜

2つの深淵の間に咲いた1輪の花・・第2楽章

ソナタ月光第2楽章楽譜

上記の「2つの深淵に咲いた1輪の花」とこの楽章の事を評したのはフランツ・リストです。幻想的な1楽章の気分とも良く調和したメヌエット風の優雅なものになっていて激しい3楽章への橋渡し的な役割を見事に果たしています。

ベートーヴェンの生家と公園

炎の様に激しい・・第3楽章

ピアノソナタ月光 第3楽章
続き
続き
続き
続き

激しく上昇する分散和音と速いテンポがこの曲の激しさをより引き立てています。

堅牢な構築の上に激情がほとばしり、類稀なピアノ音楽となりました。第1主題(始まりの部分)は、第1楽章の3連符の動機を急速に展開させたものであり頂点のスタッカート部分はsf (スフォルッツアンド・・特に強く弾く)で激しい感情を表現しています。

ベートーヴェン生家にあるプレート

まとめ

今回はベートーヴェンの【ピアノソナタ 月光】の全楽章を抜粋してお届けしました。

ソナタの1楽章から3楽章までを隈なく全部聴くとなればそれなりに時間も掛かりますが全部通して聴く事で初めて作曲家の深い想いが伝わって来る事もあります。

クラシックは何となく難しそうで、面白味のなさそうなイメージはなかなか払拭されませんが腰を据えて1曲全楽章通して聴く事で新たな楽しみをを見つけて頂けたら嬉しいな・・と思います。

他にもクラシックシリーズの中で作曲家別に様々な曲をお届けしています。

『作曲家によってこんなに紡がれる音楽って違うんだ』・・・そんな楽しみも是非見つけて下さいね。

また次の回でお会いしましょう♡

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

miaru ピアノLABO

miaruのアバター miaru ピアノ&エレクトーン講師

「音楽」は人の心を幸せにしてくれます。勇気をくれます。
悲しい気持ちを優しくそっと癒してくれます。

もっと身近に「音楽」を楽しんで欲しい。
「ピアノ」が弾けた時の喜びをもっと沢山の皆さんにも知って欲しい。
みんなをもっともっとキラキラ笑顔にしたい。

そんな想いを込めて『ピアノ初心者さん』や『ピアノ経験者さん』それぞれに向けて"なかなか人には聞けない音楽の疑問"や”楽しい音楽情報”をこれから発信して行きたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる