大人初心者さんのピアノレッスンvol.3 【きらきら星】(音声&伴奏付き)

こんにちは、miaruです。

前回は【メリーさんの羊】を弾きました。ゆっくりのテンポと普通のテンポ、どちらも上手く聴けましたか?

うまく出来なくても大丈夫!少しずつピアノに慣れていって下さい。ある日突然「あっ!!弾けた!!」これがまたとっても嬉しいものです。

今日は少し音を増やしてみましょう。

心配いりません。たった一つ『ラ』の音だけです。

目次

ドレミファソの次の音【ラ】

また前回の復習から始めます。

全音符の「ドレミファソファミレド」

「ドレミファソファミレド」にそれぞれ「①②③④⑤④③②①」の指を置いて小さな山の音階ができました。

今回『ラ』の音が加わると

えっ指が足りないんじゃない!?

そうですよね・・『ラ』は下から数えて6番目の音、5本の指じゃ足りません。ではそんな時どうするのか?

どこかの指をちょっとだけ広めに伸ばして弾きます。

今日の1曲【きらきら星】でご説明します。

「きらきら星」指番号と気をつける部分に矢印を入れた楽譜

この楽譜の『↓』矢印マークがちょっぴり気をつけなければいけない所です。

最初の1小節目の『↓』は前回までは「」の音は「5の指」で弾いていましたがこの曲はもう一つ上の音『ラ』の音が出て来るのでこの「」は「4の指」で弾きます。

「ドドソソ」→を「①①④④」で弾いたら次の『ララ』の音を「⑤⑤」で弾きます。

「ドドソソララ」→「①①④④⑤⑤」の指使いになります。

次の3小節目の『↓』はさっき伸ばした指のままでは今度は「ド」を弾く指が足りなくなるので同じ「ミ」の音ですが途中で「ミミ」を「②→③」の指にします。すると「ド」の音まで指が足りなくならずに弾けます。

拍手といいね!の図

後半の下の段は前の指番号と同じものは書いていませんので前の小節と同じ様に弾いて下さいね。

少しずつ音と指番号が上手く合ってくればいいですね。

でもちょっぴり難しい部分でもあるので何度か練習してみて下さい。

でもでも、どうしても指番号が途中でこんがらがってしまったら・・・大丈夫、その時は好きな指で弾いて下さい!

鍵盤を押さえる指先のアップ

【きらきら星】伴奏付きで弾いてみましょう

『ラ』の音を使う為のエイッと指を広げる指番号に慣れたら(まだ慣れてない時はどの指で弾いてもOK!) 伴奏に合わせて【きらきら星】を弾いてみましょう。

伴奏付きの「きらきら星」楽譜

指番号に気をつけながら最後まで弾けるといいですね。

もし途中でうまく行かない時は何度でも止まった箇所からやってみたり最初に戻ったりして練習してみて下さい。

上の音声の「➤」マークを押せばいつでも一時停止して伴奏は待っててくれますから・・。

まとめ

シルバーの星
ポインセチアに絡まるキラキラなライト
ゴールドの星

今回は新しい『ラ』の音を指を少しだけ広げる事によって弾く練習が出来ました。

【きらきら星】はみんなが知っているとても綺麗で可愛らしい曲です。

知っている曲を自分で演奏出来るととっても楽しくなりますね。

たくさん練習して上の伴奏と一緒に弾いてキラキラ笑顔で楽しんで下さいね。

次回は「左手の伴奏」に挑戦です。

お楽しみに!

SWELL
SWELL | シンプル美と機能性の両立 - 圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ シンプル美と機能性の両立させ、圧倒的な使い心地を追求するWordPressテーマ - 『SWELL』の公式販売サイト。 最新のブロックエディター『Gutenberg』にも完全対応。プログ...

miaru ピアノLABO

miaruのアバター miaru ピアノ&エレクトーン講師

「音楽」は人の心を幸せにしてくれます。勇気をくれます。
悲しい気持ちを優しくそっと癒してくれます。

もっと身近に「音楽」を楽しんで欲しい。
「ピアノ」が弾けた時の喜びをもっと沢山の皆さんにも知って欲しい。
みんなをもっともっとキラキラ笑顔にしたい。

そんな想いを込めて『ピアノ初心者さん』や『ピアノ経験者さん』それぞれに向けて"なかなか人には聞けない音楽の疑問"や”楽しい音楽情報”をこれから発信して行きたいと思っています。

コメント

コメントする

目次
閉じる